巨人の木村拓也内野守備走塁コーチが7日午前3時22分、くも膜下出血のため広島市南区の広島大病院で死去した。37歳だった。
2日にマツダスタジアムで行われた広島戦の試合前のノック中にくも膜下出血で突然倒れ、意識不明の状態が続いていた。悲報に涙を流した原辰徳監督は甲子園での阪神戦前に同コーチの名前を叫び冥福を祈った。深い悲しみの中、チームは一丸となって手向けの白星を贈った。

私は当然関西は尼崎出身の阪神ファン
しかし、プロ野球自体が好きで他球団にも大好きな選手は多い
木村元選手もその一人だ!!
残念だ。早すぎる! 

練習開始前、原監督の提案で行われた二塁守備位置での黙とう。「みんなで拓也の名前を呼ぼう」と話して絶叫した指揮官に首脳陣、選手も続いた。静まりかえった甲子園の上空にナインの声が響く。それに対する返事のように、雲間からは光が差した。


 木村拓コーチは2日の広島戦(マツダ)前のシートノック中にくも膜下出血で倒れ、広島市内の病院に運ばれた。意識不明の重体で危険な状態が続いたが驚異の生命力で5日間も闘った。同市内に住む家族、地元の宮崎から駆け付けた両親、母校・宮崎南高校野球部の同級生らに最期をみとられた同コーチは、由美子夫人の意向で今季からの背番号「84」ではなく現役時代の「0」のユニホーム姿で自宅に帰った。ズムサタでも家族仲の良い幸せそうな雰囲気がにじみ出ていた。

 37歳の早すぎる死。本職は二塁ながら昨年9月4日のヤクルト戦(東京ドーム)で10年ぶりに捕手を務めるなどチームに貢献した同コーチには、原監督も思い入れが強かった。昨年10月10日の広島との最終戦(マツダ)。消化試合とはいえ広島・緒方の引退、ブラウン監督の最後の采配もあり、球場は超満員だった。指揮官は同コーチを6回守備から二塁で起用。この時点ですでにコーチの打診を行うと決めていた原監督は「“タクにとっては最後の広島だなあ”というのが頭の片隅にあった」と明かしていた。

 2月の宮崎キャンプでは「タク、ノッカーとして日本一、世界一になれ」と命じた。同コーチは片時もノックバットを離さず、夜間に緒方外野守備走塁コーチから指導も受けた。だから今季初の広島戦だった2日はコーチとして故郷に錦を飾る舞台だった。ファンだけでなく、広島ナインも見守る中でのシートノック。前のめりに倒れても、バットは離さなかった。

 木村拓也コーチのご冥福を心からお祈りいたします。