七五三の日、いつもとは違う和装に身を包んだ子供たちからは誇らしげな嬉しさが伝わってきます。
七五三の歴史は古く、今のかたちで儀式を行うようになったのは江戸時代と言われています。
七五三は髪を伸ばし初めてまげを結う三歳の「置髪」
初めて袴をはく五歳の「袴着」
帯を結ぶ七歳の「帯解」
幼時から児童へと成長していく節目を祝う儀式
アミューズではお子様の大切な記念日
晴れの日を彩るお子様の祝い着を心を込めてお支度させていただきます。
012