仁川アジア大会、25日に行われた大会第7日は8組の金メダリストが誕生しました!
競泳では入江陵介選手が男子200m背泳ぎで3連覇を達成したほか、女子50m平泳ぎの鈴木聡美選手と女子400mメドレーリレーで金メダルを獲得。
太田雄貴選手率いるフェンシング男子フルーレ団体は40年ぶり、ボウリング男子ダブルスで高橋俊彦選手、...政時由尚選手のペアが20年ぶりに優勝を飾りました。
また、トライアスロンでは男子の細田雄一選手と女子の上田藍選手がともに優勝し、体操の男子種目別平行棒では神本雄也選手が今大会3つ目の金メダルを手にしました。
10646799_809531472401974_1291382976353942659_n10426201_809531575735297_129352366171274235_n1238212_809531655735289_4952591433152279892_n10690292_809531659068622_1284816682382688406_n