11月にタイで行われるフットサルのワールドカップ(W杯)に向けた国際親善試合が24日、東京・国立代々木競技場に8236人の観客を集めて行われ、日本はW杯2連覇を狙う強豪ブラジルと3−3で引き分けた。対ブラジル戦は通算1分け12敗。

 サッカー元日本代表FWで45歳の三浦(J2横浜FC)は前半途中から出場し、フットサル代表にデビュー。合計で約7分間プレーした。三浦の日本代表戦出場は、サッカー日本代表として出場しゴールも決めた00年6月6日のジャマイカ戦以来、12年ぶり。
20121024-00001214-yom-000-view

 試合前の国歌斉唱。日本代表の「11番」のユニホームを着た三浦は「じんときた。ブラジルの国歌にも。幸せな時間でした」。45歳の三浦はプロ生活を始めた国との対戦で存在感を示した。
あのフランスW杯でカズのピッチに立つ姿見たかったし立たせたかった!
しかし代表落ち無かったら今のカズは無かったかもしれない。
やっぱ11番はカズだね!