また、悲しい事件が発生した。
逮捕の無免許少年、「居眠り運転」と供述 集団登校に暴走車

 
京都府亀岡市の府道で集団登校中だった市立安詳小学校の児童ら約10人の列に軽乗用車が突っ込んだ事故で、京都府警に自動車運転過失傷害の疑いで逮捕された亀岡市内の自称無職の少年(18)は「居眠り運転をしていた」などと供述し、容疑を認めているという。府警は自動車運転過失致死傷容疑に切り替えて調べている。

 また、無免許を知りながら運転させた道交法違反(無免許運転)のほう助容疑で逮捕された2人は少年の遊び仲間で「家まで送ってくれと頼んだ」「一晩中ずっとドライブをしていた」などと供述しており、事故に至った経緯や原因を詳しく調べている。

 少年の父親によると、少年は2年前にバイクの無免許運転でも摘発されていたという。父親は「まさか車に乗っているとは…。大変申し訳ない。一生かけて償うしかない」と話した。
逮捕の無免許少年、「居眠り運転」と供述 集団登校に暴走車

時折、集団登校が危険という人もいるが私が安全ボランティアなどで登校班を見守っているかぎりは
たくさんの子供たちがバラバラな方がやはり危険だと思う。しかし、事故が起こる!
このような無免で夜遊びの果て弱者が犠牲となったり、交通ルールを無視したりマナーの悪い大人が悪い!
運転は技術の上手い下手ではなくマナーだということを自覚し警察・教習所や大人が教えなければならない!