写真1
 民主党新代表に決まった野田氏

 民主党は29日、東京・紀尾井町のホテルニューオータニで両院議員総会を開いて菅首相の後継を決める代表選を行い、野田佳彦財務相(54)を新代表に選出した。

 野田氏は30日の衆参両院本会議で首相指名を受けて第95代、62人目の首相に就任し、その後、野田内閣が発足する見通しだ。

 代表選には、野田氏のほか、海江田万里経済産業相(62)、前原誠司前外相(49)、鹿野道彦農相(69)、馬淵澄夫前国土交通相(51)の計5人が立候補した。

 両院議員総会では、小沢一郎元代表ら党員資格停止処分を受けた9人を除く党所属国会議員398人(衆院292人、参院106人)が投票権を持った。1回目の投票では投票総数395票に対し、海江田氏143票、野田氏102票、前原氏74票、鹿野氏52票、馬淵氏24票で、過半数に届いた候補はいなかった。横路衆院議長、西岡参院議長、松本龍前復興相の3人は、欠席した。

 海江田、野田両氏による決選投票の結果、野田氏が215票を獲得し、177票の海江田氏を破った。

 野田氏は野田グループ、菅首相グループを中心に支持を集め、1回目の投票で102票を獲得し、2位につけた。決選投票では「(マニフェスト見直しに関する自民、公明両党との)3党合意を無視して政権は立ち往生しないか。野党の主張もよく聞きながら、落ち着いた信頼感のある安定した政治をみんなの手で取り戻そうではないか」と訴え、前原グループのほか、鹿野、馬淵両氏の支持議員からも広く票を取り込んだ。

 海江田氏は所属する鳩山前首相グループと小沢一郎元代表グループの支援を得て、1回目の投票では1位となった。決選投票では「互いに意気に感じ合い、互いが信じ合う挙党態勢を作っていきたい」と訴えたが、「小沢色」の強まりが反発を招いて広がりを欠き、野田氏に逆転を許した。

 世論調査で「次の首相」候補トップの前原氏は在日外国人献金問題などが響き、支持が広がらなかった。鹿野氏、馬淵氏は党内基盤の弱さを克服できなかった。

被災地復興・原発収束・外交・年金・景気回復など問題が山積みの中、リーダーシップを発揮できるか?
国民は見ている!!!!