20110319k0000m040136000c-small
今日、美容組合青年部有志という形で山崎会長と高野副会長、佐々木スーパーバイザーで物資を陸前高田へと運んできてくれました。 「松原の景色も無くなっており、言葉ではいい現せない現実を目の当たりにしてきました。なんと言っていいのか分かりません。 これから出来る事をもっと頑張って行きたいと思ってます。」 皆さん本当にご苦労様でした! 現地の皆さんには力になったと思います!! ありがとうございました! 目まぐるしく、被災地では状況が変わり、日が経つにつれて必要なことが変わって行きます。 阪神淡路大震災の経験を生かして連絡を取り合いたいと思います!! ガソリンの給油が出来たら私も行こうと思っていますが、来週以降ぐらいには髪をカットしてもらいたかったり、歯ブラシやドライヤー、本や雑誌、など変わってきます! 1ヶ月経つとがれきの撤去作業や復興へ向けてのボランティアスタッフが大量に必要となります! 節電や節水、買い控えでもいい自分たちの出来ることをして応援して行きましょう!