82f73b66.jpg
e9ab16f7.jpg
二日目のセミナーは畠山好子先生より、秋田県指定無形文化財「秋田八丈」
国定重要無形民族文化財「西馬音内(にしもない)盆踊り
秋田の伝統文化を教えて戴きました!
秋田八丈は1789年〜1804年(江戸時代後期)に、奥州伊達郡保原から養蚕や織物技術に秀でた石川瀧右衛門が移住してきて、竜門織・秋田平と呼ぶ袴地を製織したことに始まり、鮮やかな色調と気品のある渋さが醸す素朴な縞模様が約200年の伝統を物語っています!黄金に輝く見事な織物でした!
西馬音内盆踊りも観ることが出来て素晴らしかったです!