hair_amuse

ヘアーアミューズ TOMと仲間たちのブログ

岩手県 北上市の美容室ヘアーアミューズ TOMと仲間たちが贈るヘア情報、お得情報やウンチクをお届け!

2011年03月

31 3月

がんばろう〜!岩手! がんばろう〜!日本!!

bd577c6f.jpg
がんばろう〜!岩手! がんばろう〜!日本!!

災害発生から20日がたち、4月になりましたね。
まだまだ余震が続き、ゆっくり休めない状況が続いています。
心労からストレス障害を引き起こす方もいるようです。
ご自愛ください。


4日は北上市避難所になっているふるさと体験館にボランティアカットに行ったきます。

営業は節電のため作業スペースのみ点灯しておりますので、ご理解とご協力お願いします。    



今春はスイングするようなやわらかいパーマが流行!

カラーは赤みを抑えたベージュ系やモカブラウン!!

軽やかにショートカットも人気です!

もちろん、人それぞれに似合うスタイルを提案いたします。

スタッフ一同、ご来店心よりお待ちしています。 
 お休みのお知らせ

4月4日(月)5日(火)連休させていただきます。

17日(日)18日(月)連休させていただきます。

この災害の影響を受けた皆様に、哀悼の意を捧げるとともに、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。

http://a-iwate.com/shops/7361/coupons

http://blog.m.livedoor.jp/hair_amuse/
31 3月

復興支援チャリティーライブのお知らせ


月日:4月2日(土)3日(日)
時間:11時から15時まで
場所:さくら野北上店
正面入り口前にて


亀田裕子先生が
支援活動チャリティーライブを
おこないます!

以下、メッセージ
『ガソリンで並び疲れたお父さん、子供の相手ばかりで息抜きしたいお母さん、支援活動に興味ある若者、歌が好きなおじいちゃんおばあちゃん、など沢山の人と楽しい一時を過ごしたいです』

是非、声をかけあって
集まりましょう!

両日とも募金箱を
設置するそうですので
ご協力お願いします。

助け合い譲り合いながら
生き延びましょう!
30 3月

被災者ボランティアカット

fa539288.jpg北上市、黒沢尻西交流センターに沿岸から避難しにいらした被災者の方々をボランティアでシャンプーとカットをして差し上げました! 北上支部役員のオラホとジョイラック美容室の小原久美子さんと京美容室の小原かしわさんも参加してくださりアミューズでの開催で車で送迎して行いました! 被災者の方々はとても喜んでくださり、なかなかお風呂もままならない為にシャンプーでサッパリしカットブローでリフレッシュ出来たと涙ぐみながら笑顔が見れました! 長期化し過酷な避難所生活 我々はこんなことぐらいしか出来ませんが、自分の出来ることを頑張りたいと思います!!
29 3月

東北地方太平洋沖地震復興支援サッカーチャリティーマッチ

abdfa76e.jpg
febaa593.jpg
072c25e7.jpg
楽しみにしていた震災復興支援サッカーチャリティーマッチが大阪長居競技場で開催された!
ザッケローニ日本代表VSJリーグ選抜team as one
夢のドリームマッチをいつものように家族全員ユニフォームに身を包み
復興への勇気と力を貰いました!
ヨーロッパから日本の為にと帰国した戦士たち
と元日本代表を要するJリーグ選抜
岩手出身の小笠原、ベガルタの関口、俊輔、中澤、伸二にカズが選ばれた!
さすがはピクシーです!!(ストイコビッチ監督)
前半、押し気味にゲームを進めた日本代表はFK遠藤が鮮やかに決め
本田圭佑から岡崎が抜け出して技アリゴール
後半は俊輔やカズが登場
闘莉王のアシストでカズが落ち着いて決め久しぶりにカズダンス?を披露してくれた
キャプテン長谷部や選手たちのエールに涙が出た
この先の未来が想像出来ないけど自分を信じて日本を信じて頑張りましょう
28 3月

ボランティアカット開催について

本日よりボランティアカットを北上市で実施することになりました!
先日、沿岸へ美容組合青年部有志で救援物資を届けに行って来ました!
ボランティアカットを行った方々もいらっしゃるようで救援の輪が広がってきています!
ボランティアカットについて、良いことですが…
実際、沿岸ではボランティアカットがすべて良いとは感じではない考え方もあり、店や道具を失った美容師さんたちや辛くも営業はしているものの厳しい現状がある美容室にとってはボランティアカットで需要を奪われるのも死活問題でもあり慎重に動かないと良いことばかりではないようです。
そんな時、北上市役所関係者からシャンプーやカットをしてもらいたい被災者が北上市にいると
そこで北上市災害対策本部に確認をしてみました!
沿岸から諸交流センターやふるさと体験館に避難している方々が200名以上おり、カットの要望もあるようだと。
北上へ避難されている方ならばボランティアカットしても、支障なく喜んで頂けるのではないでしょうか?
9月のチャリティーカットも良いことですが今、必要とされているならば美容師が出来ることとして頑張ることにいたしました!
本日より交流センターの被災者の方々はサロンにお連れしてシャンプーカットをします!
和賀ふるさと体験館の方々は4月4日(月)午後に伺って実施します!
希望者は30名を越えており、まだまだ増えると市災対本部は言っています!
盛岡ふれあいランドはじめ各内陸市町村へも避難して来ています!
疲れやストレスが限界にきている被災者の方々の疲れを少しでも癒せればと思います!!
26 3月

ボランティアカットについて


沿岸へボランティアカットや物資を贈りに行ったり救援の輪が広がってきています! いいことなので我々も頑張らなくては!と思いましたが… 実際、沿岸ではボランティアカットがすべて良いとは感じではないようです!! 被災者からはカットでもして少しでもリフレッシュしたいと要望している方は多いようですが… やはり、現段階では物資も含めて今必要なのは単純に人手で仕分け作業や運搬をすることや医師や看護師、NPOや自衛隊がまだまだ足りません。 美容師が行って足手まといとなるどころか 地元の美容師さん達は店や道具を失って腕を振るうことも困難で、辛くも営業している美容室にとってはボランティアカットで需要を奪われるのも死活問題 慎重に動かないと良いことばかりではないようです。 しかし、そんな時北上市にも数多く被災者の方々が避難しておりストレスは極限にあると聞きました! 早速、北上市災害対策本部に確認をしてみました! 沿岸から病院だけでなく西交流センターや飯豊交流センター、和賀ふるさと体験館などに避難している方々がおり、シャンプーやカットを要望していると回答いただきました! 北上へ避難されている方ならばボランティアカットしても、恨まれず喜んで頂けるのではないでしょうか? 毎年9月のチャリティーカットも良いことではありますが今、必要とされているならば美容師が出来ることとして頑張りたいと思います!! そこで、月曜日から各交流センターから美容室まで送迎してカットをして差し上げることになりました! ふるさとを離れて、厳しい生活を余儀なくされている皆さんが少しでもリフレッシュ出来ればと思います!!
25 3月

震災直後

久々の投稿、あゆみです!!
少しだけ落ち着いてきたので書きます。
怖かったですね!
あたしは地震がとても苦手で取り乱してしまいます。
震災時、小学生のお客さんをカットしていました!
長さはカットしてあったのですが…
毛量調整が半分の状態で地震が!
その日は午前中で学校を終えて娘も店に来ていたので娘の名前を叫びながら子供さんを抱きかかえて外へ
その時に限って、先生が商工会議所に行っていて不安で泣きながら避難しました!
避難訓練で災害時にはアーケードを避けて待機するようになっており、裕美子に促されて避難しましたが、店内の備品が落ちて壊れる音や向かいのぐんきんさんでもガラスの割れる音がしてとても怖くて怖くて…
すると先生が戻って来て指示を仰いで一旦、子供さんをお返しして閉店後に家に帰りました!
築50年以上になる古い借家なので潰れてないか心配でしたがなんとか大丈夫でした!中はグチャグチャでしたが…
懐中電灯とロウソクの灯りでご飯を作って食べましたが、車に布団を運んで家族4人、車で寝ました!
思いだしても怖くなりますが毎日の余震に熟睡できない日々です!!
カットが途中だった子供さんは無事に2日後に来店され完成できました!
25 3月

安否情報 2

仲間の美容師や知人の安否情報を公開します!
また生存の情報があれば教えて下さいませ!

大船渡支部
柳本美容室さんご家族(水沢の親戚宅へ避難)

山田支部
星美保子さん
22 3月

東日本大震災:避難所「ストレス極限」…情報も足りない

写真1

 「嘔吐(おうと)する人が目立つ」「ストレスが極限に来ている」。宮城、岩手、福島の避難所運営責任者アンケートからは、被災者の心身の状態が日々悪化していることが浮かんだ。医薬品が乏しく、暖房が不十分で風邪をひく人も多い。着替えが不足し、トイレの状態も劣悪で衛生面にも課題がある。先行きが見えないこともストレスの原因となっているらしい。

 ◇インフル、下痢、トイレの衛生も劣悪……

 岩手県大船渡市の綾里中学校(避難者120人)では、風邪をひいている人が若い世代も含め10人程いるという。同県釜石市の甲子小学校(同283人)では、十数人が感染性胃腸炎を発症し、下痢や嘔吐などの症状が出ている。ともに医薬品は「ある程度ある」状態だが、患者全てが最適の薬を使えるわけではないという。

 宮城県石巻市の湊小学校(同650人)は暖房が十分でなく、温かい食事も何日かに1度。医薬品もあまりないと回答している。胃腸を壊す人が出始め、「建物1階が泥だらけで食中毒やノロウイルスが心配」という。

 長引く避難生活で体調を崩す人が目立ち、各地の避難所では、インフルエンザ患者も出始めている。

 断水で水が流せず、トイレが不潔な状態になっている避難所も。宮城県東松島市の避難所では、足の悪いお年寄りは廊下の簡易トイレで用を足さざるを得ない状況だ。

 岩手県大槌町の安渡小学校(同約800人)でも「和式の簡易トイレが来たが、洋式便座がないとお年寄りが使えない」。温かい食事も何日かに1食しか食べられず、高齢者によりつらい状況となっている。

 プライバシーが保てず、窮屈な避難所ではストレスも大きな課題だ。岩手県宮古市の愛宕小学校(同180人)は満員で、「寝る場所が狭く、避難者同士のけんかもある」。

 物資ではガソリン不足を挙げる声が圧倒的で、移動も困難な状況だ。下着や衣類が足りず、着替えのできない避難者が多い。津波で多くの行方不明者が出た岩手県では安否情報を求める声が上がり、原発事故が起きた福島県では「放射線量の測定値などの情報が足りない」という声が聞かれた。

 福島県川俣町の南小学校(同150人)に避難した人の多くは、原発事故で避難指示が出された浪江町の住民。「着の身着のまま来ているので、お金もなく、自宅に一度帰りたいという人も出てきている」という。

 避難者たちの不安は募る。宮城県南三陸町の避難所に入る無職、菅原みちゑさん(79)は持病の緑内障の目薬が手に入らず「このまま失明するんじゃないか」と語る。同県気仙沼市の飲食店経営、佐々木美佐子さんは「周りで風邪をひいている人が多いので心配。早くお風呂に入りたい」と話したそうです。

一日でも早く、少しでも改善に向かってほしいです。


22 3月

友人 ノーブル佐々木氏の救援物資日記

ノーブル佐々木です。

会長、高野さんと重複しますが、広報担当のような立場なので報告します。
かなりな長文ですが、田口トモロヲをイメージしながらお読みください。


■津波の境目、生死の境目

TV映像で見慣れていても、現場の状況を見て絶句せずにはいられなかった。
北上山系を抜けかけてまだ海も見えない山際から、道端にはもう流れ着いた
瓦礫があった。
海辺までは3キロくらいはあるだろうか。
その未だ見えない海辺まで瓦礫の海原が続いていた。


■不安

山崎・高野・佐々木の一行が運んでいた救援物資は、同業者や地元商店街から託された物資だった。
古着がほぼ半分で、その他には生理用品、食品、歯ブラシ、電子カーペット
にいたるまで多種に及んでいた。

皆、想いのこもった品々だった。

しかし、不安がひとつあった。
震災11日目ともなると報道で伝えられたところでは、続々救援物資も続々届いて来ている。
一般車両の立ち入り制限も解除されている。
はたしてこの物資が被災者の役に立つのだろうか。
この話題になったとき、ほんの一瞬の沈黙の後、誰かが言った。

「無駄なはずはないよ。」

沈みかけた気持ちが僅かに浮力を得た瞬間だった。
そして、みな口々に「そうだ、無駄なはずはない。」と自分に言い聞かせるように口にしていた。
そうして、直前まで揺れ動く気持ちを押さえつけて早朝5時半に江刺を出立した。


■住田町・再会

一行は途中、住田町で大船渡で被災し妻の実家に身を寄せていた佐々木健さんと再会することができた。
「物資? 何も要らないなぁ。」と前日電話では言われていた。
いくらあっても困ることはないはずなのに、と不思議に思った。

結局、30分ほど立ち話をした後、無理やり外用薬を一本手に握らせて別れを惜しみながらその場を後にした。
更にその直後、ガソリンスタンドで給油待ちの列の中にいた現役青年部幹事の菅原由香子さんとも再会し喜びを分かち合った。

2つの再会で、気持ちに更に大きな浮力がかかってくるのを実感した。
それでも積荷の行く末を案ぜずにはいられない。
無駄にできない想いを乗せて陸前高田まで残すところ16キロの地点まで来ていた。


■陸前高田

とうとう現地に入ったところで遭遇した状況に一同は絶句した。
目に涙がにじんできた。
その辺は、津波の襲来した境目で、その境目が生死の境目でもあり、健在した家屋と半壊した家屋が混在していた。
すると、とある家の前に5,6人の男たちががたむろして雑談をしていた。
皆、高齢者だった。
丁度いい、この物資の受け取り先を教えてもらえるかもしれない。
そう思った一行は車を止め声をかけた。

「ちょうど、そのマンホールまで津波が来たんだよ。」

一人のご老人が数メートル先の道路の真ん中にあるマンホールを指を刺しながら言った。
彼も家屋ごと一切合財津波に流され、着の身着のままでこの家に転がり込んでお世話になっていると言う。
それは丁度良い、とばかりに「何か必要なものでもあれば持っていってください」と申し出た。
しかし、ご老人は言った。

「それは受け取れない。」

ここでも受け取ってもらえないのか?
なぜ受け取ってもらえない?
そう思う一行に彼は続けた。

「支援物資は皆のものだから、私一人だけが貰うわけには行かないんだ。」

それを聞いた3人は人目もはばからず号泣した。
溢れ出す涙を抑えることができなかった。
そういうことだったのか、そういうことだったのか・・・。
どんな状況でも他人を思いやる気持ちを失ってはいけない。
確かにそうだろう。
しかし、同じ立場になったとき、同じ言葉が自分の口から出るだろうか?


■給食センター

深い感慨とあふれる涙とは裏腹に、一行はまたしても荷物の受け取り先を失い喪失感を感じていた。
すると老人が、「1キロ弱先の給食センターで救援物資を集めているから、そこに行きなさい」と言った。
迷惑がられるのではないか、と思っている一行は二の足を踏んでいた。

それを見て老人は、同乗して道案内すると言ってきた。
いや、道が分からないということではないんだが、と思いながらも、「物資はみんなのもの」という彼に断る口実も思いつかない。
結局、彼を乗せて給食センターに向かう事になった。

到着してみるとそこは物資の搬送に最適の施設で、緊急車両、自衛隊、一般トラックなどが数台待機していた。

「すみません、救援物資持ってきたんですが〜」

と恐る恐る搬入口にいた人に聞いてみた。
するとすぐさま責任者が出てきて、積荷は何ですか、と聞いてきた。
一通り内容を説明し、せめて食料だけでも置いていきましょうか、と言ってみた。
古着は敬遠されると思ったからだ。

「いえ、皆さんの善意で送られてきたものは、すべて大切に預からせてもらいます。」


責任者は断言した。
被災者に直接手渡し、涙ながらに感謝されることを半ば期待していた一行にとっては少々拍子抜けだったが、これまでの経緯から言って受け取ってもらえない可能性が高い。
結局そこで全ての積荷を下ろすことに決めた。
到着してまだ30分程ほどしかたっていなかった。
気がつくと、いつの間にか案内役を買って出た老人は、名乗る事もなく傍らから消えていた。
かっこよすぎる、と一同思った。


■高田松原

このまま帰るのも何か後ろ髪を引かれる想いもあり、すぐに帰途につく気にはなれなかった。
結局、被災した高田市内を視察し最終目的地の広田半島を回って帰ることにした。
45号線をまっすぐ行き街中に入ってみると意外にもかなり深く入ることができた。
ただ市街地といっても大半が瓦礫でわずかばかり半壊の建物があるだけだった。

MAIYAとかNTTの支店などの鉄筋の建物は、しっかりとそこに残ってはいるのだが、片手で持てないような太い配線などが、抜けた天井やはがれた壁から所狭しとちらかって、床では足らず窓からも外に垂れ下がっている。
それがまるで内臓のように見え、何かをこらえるように皆押し黙って傍らを通り過ぎた。
道路は通れると入っても、所々排除できない大きな残骸で狭くなっており、不注意でパンクなどすれば身動きが取れなくなる危険もあった。

そうしてとうとう海辺にたどり着いた。
高田松原だ。
完全に消失。
防波堤が流され残された水門が、まるで厳島神社の大鳥居のように海の中に立っている。
身をていしても街を守りきれなかった、そんな無念さが伝わってくるようだ。

車を止め一行は辺りを歩いて見て回ることにした。
辺りは、市街地に比べれば瓦礫が少なく、砂地ですぐに砂浜だったことが分った。
水門から今立っている水辺まで50mくらいあるだろうか。
地盤沈下のせいで海岸線は後退していた。
有名な高田松原は報道ですでに消失したことは知っていたので、それほど驚く事はなかったが、今では砂浜の様子でしかその場所を確認することができない。
そのうち、「高田松原跡」と墓標のように記念碑が建つのかもしれない。

そんなことを思いながら辺りを歩いているうちに、最初は絶句し涙したはずの風景に、どんどん無感情になっていくのを感じでいた。


■広田半島

そんな高田松原を後にし、一行は最終目的地だった広田半島を目指した。
45号線は、市内の大きな橋で大きな瓦礫がありそこで通行止めになっていたので、一旦戻り大船渡方面に向かう県道に入った。
途中迷いながらもアップルロードと呼ばれる道路に乗り、広田半島に進路が向いた。

広田半島は中ほどがくびれた低地で、地図では太平洋にボーリングのピンのように張り出した形をしている。
そのくびれた部分が津波で分断され、潮が引いても瓦礫の山で移動不能になり数日前まで岬は孤立していた。

その道路は、その低地の中央を走っていて、建物が健在なときは見えなかったであろう両岸の海辺が、今は左右に首を回すだけで見ることができる。
人の痕跡が消えて見通しが良くなるというのも、受け入れがたい現実を言葉巧みに示されているようで、素直に見ることはできない。
岬に入ると、そこは高台になっていて難を逃れた家屋も多く見えたが、ライフラインの復旧にはかなり時間がかかると思われた。

岬を半周ほどして見ると、外海に面してる方は湾内に比べ被害は軽微なのが見て取れた。
さらに外海から陰になっている入り江は、ほとんど被害がないようにすら見えるところもあった。

岬の先端付近に差し掛かったところで、自衛隊の車両が道を塞いでいた。
この辺が潮時か、と感じた。
荷台が空っぽのトラックだったので、物見遊山で不謹慎な風体に見られるのは本意ではない。
時計を見ると12時半を回っていた。
「そろそろ引き返しましょうか。」
と誰かが言った。


■終わり

結局、そのまま帰途についた一行が江刺に着いたのは1時半を過ぎたころだった。
早朝5時半ごろに出発して約8時間の行程だった。
出かけるときに降っていた小雨は、高田に入るときにはすでに上がっていたが、とうとう最後まで青空は姿を見せてはくれなかった。
それはそのまま一行の気持ちを表しているようだった。

-------------


いろいろと思い悩むこともありたましが、行って来て本当に良かったと心から言えることに、まず感謝いたします。
そして、あのご老人の言葉を聴けただけで十分に苦労は報われたと言う思いでした。
困難な状況で何が大切で、何が必用なのか、少し分かったような気がします。
そして初志貫徹の言葉の意味を身をもって実感した、そんな2日間でした。
最後に物資を供給してくれた盛岡支部の理事の方々、奥州地区の方々、内丸櫻山商店街の方々、上田商店街の方々、お客様方に深く感謝いたします。

ありがとうございました。
長文長々と失礼しました。
21 3月

[美容組合青年部bais] 物資運搬完了

20110319k0000m040136000c-small
今日、美容組合青年部有志という形で山崎会長と高野副会長、佐々木スーパーバイザーで物資を陸前高田へと運んできてくれました。 「松原の景色も無くなっており、言葉ではいい現せない現実を目の当たりにしてきました。なんと言っていいのか分かりません。 これから出来る事をもっと頑張って行きたいと思ってます。」 皆さん本当にご苦労様でした! 現地の皆さんには力になったと思います!! ありがとうございました! 目まぐるしく、被災地では状況が変わり、日が経つにつれて必要なことが変わって行きます。 阪神淡路大震災の経験を生かして連絡を取り合いたいと思います!! ガソリンの給油が出来たら私も行こうと思っていますが、来週以降ぐらいには髪をカットしてもらいたかったり、歯ブラシやドライヤー、本や雑誌、など変わってきます! 1ヶ月経つとがれきの撤去作業や復興へ向けてのボランティアスタッフが大量に必要となります! 節電や節水、買い控えでもいい自分たちの出来ることをして応援して行きましょう!
21 3月

お父さん救世主になって下さい!

412fdad9.jpg
f6972eef.jpg
「お父さん救世主になって下さい!」
東京消防庁隊員の奥様の言葉
福島原子力発電所の被害を食い止める為に
放射能という化け物と命がけで戦ってくれている原子力発電所職員、自衛隊、消防庁隊員など多くの方々に感謝とエールを贈りたいです!!
1号機から4号機までそれぞれに困難な状態で被曝の恐怖と戦いながらの作業!
祈るしかありません。
ご家族のことを思うとなぜあなたが…
と心配だろうと察します!
しかし、今はプロフェッショナルの方々に頼るしか出来ません。
成功と安全をただただお祈り申し上げます!
20 3月

安否情報

c33e9f6f.jpg仲間の美容師や知人の安否情報を公開します! また生存の情報があれば教えて下さいませ! 大船渡支部 アクシス佐々木健さんさんとご家族(奥様のご実家へ避難) ミント美容室 菅原由香子さん 釜石支部 佐々木晶子さんとご家族 宮古支部 佐々木美衣子さん 美容室六花 根木浩さん 山田支部 いなかわ美容室 稲川義昭さん 岩泉支部 フサ美容室 向河原キヌ子さんとご家族 久慈支部 サチ美容室 高橋幸子さん 小田恵美さん 宮城県 サロンドブリーズ 伊藤夕佳さん 菊地 和徳さん 福島県 池田さん小田部さんはじめ多く美容師さんは避難されているようです!!
18 3月

涙の小学校卒業式

988fbdaf.jpg
2ea5d9ec.jpg
現在、子供の小学校でPTA副会長をしているので卒業式に来賓として出席して来ました!
震災後、体育館や校内の被害状況によって開催や延期を視野に話し合われました。しかし先生方の頑張りにより開催出来ることになりました!
当店ではハカマをお召しになる子供さんやお客様があり、大学の卒業式は中止キャンセルに
また子供さんの貸衣装は物流が凍結の為に届かないことに…
でもこんな状況だからこそハカマを着せてあげたい!卒業式を実施してあげたい!と
ガス欠なので着物をタクシーや自転車でかき集め何とか2人の子に着せてあげることが出来ました!
体育館はとても寒く満足な環境ではありませんでしたが、
とても暖かく素晴らしい卒業式でした!
校長先生も熱い胸の内を話され、進行は務めた先生はこみ上げてきて言葉につまる場面も
素晴らしい卒業式の歌
最後に保護者代表の謝辞では、過去に例を見ない災害の中、子供たちの為に立派な卒業式を開催していただきありがとうございます!!と涙ながらにお礼の言葉を述べられ、もらい泣きでした!
被災で大変ではありますが…そんな時だからこそ下を向かず復興に向けて頑張らなくてはなりません。
ご卒業おめでとうございました!
16 3月

中学校卒業式

28ae54c1.jpg今日、13日より延期していた中学校の卒業式が開催されました!
ありがたいことです!
この震災で中止になった学校も多いと聞いています!
歌や証書授与など省いた短い卒業式でしたが、開いていただけたことに感謝です!
3月だというのに雪の降る寒い日でしたが暖かい卒業式でした!
15 3月

やばい!確定申告…

e877aa0c.jpg(;_;)
のん気にしすぎました!
毎年、早めに早めにと思っているのに、いつもギリギリになってしまいました!
(ToT)
その為、店を少し出て北上商工会議所に行って、わからないところを確認していたら「ガタガタッ!ガタッ」と一応と外に出た途端!
グラグラッグラッと!
物が落ちメキメキと建物がきしみ地響きが…
スタッフたちを心配して急いで帰るとマニュアル通り店の外にお客様と一緒に避難しておりお返しした後、物凄い光景を目にし直ぐには片付けられませんでした!
とりあえず中学校の息子が心配でしたが、直ぐに会うことができホッとしました!
しかし、ここからが始まりでした!ライフラインが途絶え、余震の恐怖に震えながら狭い車内で夜を過ごしました。
携帯電話の充電を節約しつつ情報が欲しくてワンセグを見てビックリ!
これほどの、これほどの規模の地震だったとは、美容師仲間や沿岸のお客様の安否確認が出来ず心配です!
13 3月

皆さん大丈夫ですか!?水&お湯の出ない方、14日(月)はシャンプーのみで営業

6fbc4811.jpg皆さん 地震怖かったですね。被害状況はいかがですか?

今日13日店の電気&水道が復旧しテストしてオッケーでした。

お風呂に入れずシャンプーできない方も多いと思います。

明日14日(月)はシャンプーのみで営業します。髪だけでも洗いたい方いらしてください。
シャンプードライで¥1000(税込)9時から営業いたします!

15日(火)はカットも行いカラーやパーマも薬剤続く限り営業します。
まだ店内は片付いてなくキレイではないですが困ってる方もいらっしゃると思います!ので短縮ですが営業いたします!

ご利用くださいませ!
尚、計画停電でストップする場合もありますのでご了承ください!
16日(水)は午後1時からの予定で営業いたします!

0197-65-3358
--
HAIR-AMUSE(ヘアーアミューズ)
店舗ページ : http://a-kitakami.com/shops/7361
12 3月

皆さん大丈夫ですか?

991bbd53.jpg皆さん大丈夫ですか?
怖かったですね!
沿岸部や福島原発周辺部は大変です!
安否もわからず心配です!
うちは店も家も中はエラいことなってるけど…
建物は無事でした!
大きいケガは無く家族やスタッフも無事です!
しかし、ガス以外のライフラインが止まっているので給水や買い出しに行って来ました!
でも建物がやばく余震が続いているので車で寝ていました!
電話が混雑して連絡が遅くなりました!
眠れぬ夜が続きますが頑張りましょう。
9 3月

いよいよ!本番!

339e0e51.gif大変だった受験までの日々…!
いよいよ本番!
今日、県立高校の受験です!
息子も頑張ったと思いますが、自分の為ですから頑張んなきゃですよね!
良く頑張ったのはお母さんかな!
献身的に尽くしてもピリピリモードの息子は文句ばかり
愚痴をこぼしながらも良く頑張ったと思います!
色々と語り尽くせないほどのバトルを繰り返し涙ぐむ日もありました!
それも今日で完結か?
16日の発表でサクラサクことを祈っています!
8 3月

仰天!毛髪が!?

皆さんは日本テレビ系の鶴瓶と中居くんの世界仰天ニュースをご覧になった事ありますか?
その番組で以前、外国で理容師をしている女の人がカットした髪の毛が鼻に入り込み化膿して左右の鼻の穴が貫通してしまうニュースを紹介していました!
うわ〜っ!美容師の我々も他人事じゃないなぁ。と思っていましたが!
先日、オラホの鼻も赤く腫れて痛かったのですが、ばい菌でも入ったかと治るまで放置した方がいいかな?と軽く見ていました!
しかし、あまりに治らないので、薬を飲んだりつけたりしていました!少し鼻の頭がいびつになってきたので毛穴スッキリパックをしたところ破けて膿が出せたのでほっとしていました!
すると次の日、鼻の頭から黒いモノが…!?
つまんで引っ張るとビックリ!仰天!
太い髪の毛が出て来ました!
え゛〜っ?!
2cmちょっとある髪の毛がまさか鼻の頭から出るなんて?!
おそらく、カットしたお客様の毛が鼻の穴から入り込み化膿後に異物として鼻の頭から出てきた珍事件!
理容師&美容師の皆さんも気をつけて下さい!
プロフィール
携帯はこちら
QRコード
pixiv blogparts - Daily Ranking
楽天市場
Amazonライブリンク
月別アーカイブ
最新コメント
  • ライブドアブログ